痛いの、痛いのとんでけ~

2013.12.13.Fri.21:22
怪我をさせてしまいました。



事の起こりは1週間くらい前の朝。朝ご飯を食べるポコの足元に点々と血液が。
見ると、



に大きな傷が…!
確かに2,3日前からちょっと元気がなかったんです。
でも、平気で飛んだり跳ねたりしてるし食欲もあったので、あまり真剣に気にしてなかったんですよね…。 

病院に行って診てもらったのですが、結構深い傷でした。
かなりの量の塗り薬を、シリンジで注入するくらい。
自分でどこかにひっかけたか、モノチーたんに、やられちゃった傷をなめ壊したみたいです。
いちおう家の中を探したのですが、特に血痕とかは見つからず原因は謎のまま…。


治療を受けた日から


カラーにも馴れて





どうしてもモノチーが、傷を気にしてしまうので舐められないように、人間が目を配れないときはケージに。
本ニャンも眠たい時は、自分から入っているので落ち着くのでしょう。

毎日2回の消毒は染みるらしく小さい声で鳴いて、耐えてます。でも暴れないのでエライ子です。



モノは、カラーでごつごつぶつかられるのイヤみたいで、ちょっと避けてますが、なぜかカラーをつけてからポコチーたんにあまり唸らなくなったので、2匹の仲がちょっとだけ進展してます。
お互い付き合い方が、わかってきたのかなー。



猫友日めくりカレンダー、販売中!
猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら




いつもありがとうございます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

よろしければポチお願いします。
スポンサーサイト
コメント
ポコちゃん早く良くなりますように!
チコちゃんとこれがきっかけで仲良くなるのかな。
まだ輪郭や耳の形が赤ちゃんなポコちゃんですね。カラーに収まるおかおがかわいい……

我が家も取っ組み合いや無理な狭小空間を冒険したのか「あらま」という怪我をしていたりします(^_^;)。

我が家のモノはパトロールに出ますが野良ボスと喧嘩して大怪我して帰ってきた事があります……
じっと動かず治してました。自己治癒力に感動しました。
No title
さすが子猫!血を流すまで元気に遊んでいるものなんですね。
カラーに慣れるのも早いみたいで。
ところでカラーしているときって、ごはんどうやって食べるんですか?

道民にゃんこのゲラ来ましたね!
モノ君の写真と同じページで掲載されるようですっごく嬉しいです(*≧▽≦*)
しかし、採用されたら本誌をただでいただけるものと勝手に思っていたのですが、甘かったでしょうか?(笑)
No title
あひゃ~。ケガしちゃったのね。
ポコちゃん、ケガも気にしないくらいお転婆にしてるんだろうなあ(^m^)
こんな場所だから肛門のうの破裂とかかと思っちゃいましたよ。
けど、カラー効果でチコちゃんと仲良くなれそうなのかしら~♪
期待大ですねえ(^^)
No title
あらら...よく我慢してエラいね。
私も↑sallyさんと同じく肛門のうの破裂かと。
まだちびっ子なのにおませさん。なんて^^;
チコちゃんは状況がよく見えてるんでしょうね。
もしくは怪我した姿を見て母性本能が芽生えてきたのかも?
このまま良い関係が進展するといいね。
まさに「怪我の功名」だ^^
No title
バタバタしてて、出遅れちゃいました(;´д`)
ポコちゃん、ケガしちゃったんですね!!
お話読んでると、ちょっと深手だったみたいで・・・。
よくガマンして、えらかったね。
不謹慎ながら、カラーしてるポコちゃんが、
これまた可愛くってたまらん!!と
思ってしまいました(^^ゞ
早く良くなりますように★
おぉ!!ポコちゃんのカラー生活でチコちゃんとの仲に
ちょっと変化が出てきたんですね!!
ウチのチビッ子の避妊手術の時も、何となくですが、
ニャゴら~が心配そうにしてました。
やっぱり、不調な時は甘えたくなったり、
思いやる気持ちが芽生えるのかなぁ(*^^*)
No title
まぁポコちゃん、なかなかのやんちゃっぷり、仔猫なのですぐ治るでしょう。
うちも以前部屋に血が点々としていたのであちこち調べたら、くおんの後ろ足の爪がすっぽり取れていました。
取れた爪は部屋の隅で見つかり、とんがりコーンの様な感じでしたv-410
数日したら爪は元通りなっていました。
猫は病気には弱いけど怪我には強いそうです。
No title
あわわ〜何があったんでしょうね。
子猫は動きが激しいから
自分で怪我したかもしれないけど
ビックリしちゃいますよね。
カラーを嫌がらないなんてお利口!!
消毒も耐えてるなんて驚きです。
ちぃたんとコレを機に近づけると
結果オーライなのにね〜(笑)
お返事です。
びびともです。コメントとポコにお見舞いの言葉、ありがとうございました!


●京都のモノ さん
ありがとうございます。やっと傷もふさがりあとはバリカンで刈られた毛が戻るのを待つのみ…。
カラーで逃げ隠れできなくなったポコですが、それで「逃げなきゃ追われないんだ!」「しゃーって言わなきゃ、パンチされないんだ」と解ってきたみたいです。
まだ、怖い気持ちは残ってるみたいですが、チコと隣り合った猫ベットでヘソ天で寝るくらいには馴れてきたんですよ(T▽T)!

そちらのモノさんは、ワイルドですねぇ~。
今回のポコも、ある時期から目に見えて傷が小さくなっていって治癒能力の高さに、びっくりでした。
* * * * * * * * * * * * *

●こにゃん さん
動物病院の待合所にペットメーカーのビデオが流れているんですけど、「猫は痛みを隠す動物です」とあって、その通りだなぁと反省しました。
ホント貧血が起きそうな傷口だったんです…。
ご飯は小皿を敷いてちょっと高くしてあげてます。やっぱりカラーが床に引っかかるんですよね。

道民にゃんこのゲラ!同じページで嬉しかったー!2月の発売が楽しみですね。
「あ、貰えないんだ…」と思ったのは私も一緒(笑)。そういうものなんですねー。
* * * * * * * * * * * * *

●sallyさん
はい、先生も最初「肛門のうだね~」って言ってました。バリカンで毛を刈って「あれ、違うね…」と(笑)。
小さいお尻ですもんねー。
カラーをつけているせいで、ポコはチコの入り込めない隠れ場所に入れなくなっちゃったんです。
それで歩み寄りが…(笑)。まだ時々「しゃー!」って言ってますけど、自分から鼻チューに行ったりだいぶ進展してます!
* * * * * * * * * * * * *

●ANKOさん
最初、先生も「肛門のうだね~」って言っていて、「あぁ、飼い主が顔色を失って飛びこむ理由の…。なるほど!」と思いました(^^;)。
でも、位置が微妙に違うらしいです。
今はおかげさまですっかりふさがって、明日にはカラーも外れる予定です。

怪我をしてからポコは逃げるのをやめて、チコはじっと見つめて放っておくことを覚えたみたい。
ホントに「怪我の功名」です!
* * * * * * * * * * * * *

●まちゃこ さん
そうなんです。ちょっとカラーしてる顔、可愛いんですよね。
まぁ、親バカも入っているのですが…。
カラーしていても毎日できることが増えていって、仔猫の学習能力ってすごいなーと思います。

チコはたまに舐めたそうにするんですけど、ポコがそれはまだダメみたい。
自分からお手手をだして、触ろうとしたりはするんですけどね…。
* * * * * * * * * * * * *

●オレンジイルカさん
うおー!聞くだけで痛そう。恐ろしい~。
数日で元通りって、猫ってホントにスゴイですねぇ…。
ポコのお尻の傷も、あっという間に小さくなりました。あとは毛が生えそろうのを待つだけ…(^^)。
* * * * * * * * * * * * *

●kaezzzさん
そうなんですよねー。もしチコにやられたとして、この後仲良くなれるのかなぁ…ってホント悩みました。
なので、今の毎日ちょっとづつお互いを受け入れ合っている状況は、嬉しいです~。
このまま一緒に寝れるくらいになってくれるといいなぁー。

ホントに可哀相なんですけど、消毒を耐えている時の声と姿がすごく可愛くて!オットがメロメロです(笑)。
* * * * * * * * * * * * *


管理者にだけ表示を許可する