スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いの日-②

2008.06.25.Wed.22:53
後編ですー。

いよいよ抽選会。気合い十分(意味ないけど)で挑んだのですが、手を上げたのはウチだけ~。
あっさりと譲りうける事ができました。
モノの2番くらい後に超人気の子がいたらしく、その時はかなり盛り上がっていましたけどね。



抽選会を尻目に、誓約書を提出して押印、それをケージのお姉さんに見せて


モノは、この時点で寒いのと疲れたのでバテバテで(それはそうだ。)、飛び込むようにキャリーに入ってくれました。

獣医さんの無料検診が受けられるので、行こうとしたところ…




モノを譲渡会に連れてきてくれた方達でした。
とても名残り惜しそうにされて、家でよく遊んでいたからと、小さなオモチャを下さいました。
「毛布もあるの!」と、おっしゃってくれたのですが、申し訳ないのでそちらは辞退しました。
# 最後に抱っこしてもらえば良かったなーと、今でも後悔。

お礼を言って、「大事に育てます」とご挨拶して別れたのですが、振り返ると…



それを見ていると、『どの子も皆大事に育てられ、元飼い主さんから「幸せになるように」と祈られて連れて来られたんだなぁ』と、思いました。
札幌は捨て猫や野良猫が少ないと思うのですが(住んでいる場所によるのかもしれませんが)、市のこういう努力があっての事なのかもしれません。





譲渡会は、1家族1匹というルールでした。残念。

2日に渡ってお付き合いありがとうございました。
よろしければ、1ポチお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
スポンサーサイト
コメント
行政が行っている事にしては素晴らしい♪
良い活動ですね。

元の飼い主さんも参加して、大事に育てられていたって事を、
新しい飼い主に知ってもらうのは凄く良い事だと思う。
「大切に育てよう!」って気持ちがより深くなるから。

PS.今日のトップ写真(もしかしてランダム表示?)No1って写真を見て、
私もきっと選んだな!って思いました♪
すっごい可愛い!!by白黒猫好きの私
(うちにも以前、白黒猫"パンダ"がいました☆)
もしかしてこれからニャンズ増える予定ですか?!
元飼い主さんも今のモノ君見たら安心でしょうね~

この譲渡会で里親さんが見つからなかった子は
どうなるんでしょう??
(⌒∇⌒)ノやぁ!
おぉ!問題なく連れ帰る事が出来たのねぇ~良かったぁ♪
やっぱりナニかが繋がっていたのねぇ。
モノ君も差し出されたキャリーに自分の居場所を感じたのかもヽ(*´∀`)ノ
元の飼い主様、ご自宅で生まれたちびにゃんだったのかなぁ?
愛用品を持参されてるなんてステキな方だなぁ。
野良猫問題って、悲しいけど根深いのよねぇ。みんながネコ好きって
わけじゃないしねぇ。愛情溢れる譲渡会!スバラシイ!!!
譲渡会って素敵ですね。
無料診療もあるなんて!!すばらしい!!
すごく地域が協力し合っているようで、いい地区ですよ!!
そんなところで生まれてくるネコちゃん達は本当に幸せですね~。
ウンパは3組ほどから手があがった(ネットですが)
らしいのですが、運良くうちに決まったのです。
運命ってありますね★
モノちゃんはびびともさんにこんなにかわいいイラストにしてもらって、
旦那様にかわいく写真撮ってもらって...、幸せモノだ(笑)
お返事です。
びびともです。コメントありがとうございます~。
札幌も、やっと夏らしくなってきました。
半袖、いえーぃ。

●ANKOさん
そうなんです。
お別れの時は、泣いちゃう子供とかも居て、「ここで貰ったのはただの猫じゃないんだなぁ。誰かの家族なんだなぁ。」と、つくづく思いましたよ~。
地道な活動ですけど、抽選前に「飼い方」「避妊の必要性」「逃がさないように」「逃がした場合は」などの講習があり、絶対 将来的に有効な政策(?)だと思いました。
(譲渡主も里親も、皆聞くので。)
えらいぜ、札幌市。
今年から、管理センターに収容された捨て猫さんも譲渡会に出るそうなので、ますます良かったなぁと思ってます。

No1(ランダムなんです。全部で10枚ありまーす。)は、貰ってきたまさにその日の写真ですね。
この目にやられたんですよ~。
* * * * * * * * * * * * *

●ちりめん兎さん
ニヤリ。ずばり増えます。
私、元々多頭飼い希望なのです。

抽選会は、たぶん里親希望の人が居なくなるまで繰り返されて、それでも里親が見つからなかった子は、元の飼い主さんが連れ帰ります。
大きいケージはチビちゃんだけ(ケンカしないから)ですが、他にもケージがあってちょっと大きい子も居たんです。
だから、何度も来ている子もいるのかな?(それはそれで切ない。)
* * * * * * * * * * * * *

●ママにゃん
そうなのー。ナニが繋がっていたみたいです(笑)。
オットはいまだに「こんなカワイイ子なのに、なんで 皆手を上げなかったんだろう…」と、呟いているので、「あの超カワイイ子(って、私達はアウト オブ 眼中で覚えてないんだけど、)が、目くらましになってくれたから、モノはあっさりウチに来れたのヨ~」と、答えてます!

「自宅の猫が産んだ子」限定の譲渡会だったんだけど、モノは病院に行ったらお腹に虫がいたし、ホントに家猫かは謎なの~。
兄弟猫は連れてこられてなかったみたいだし、でも、お母さん猫が外飼いだった可能性もあるしね。
貰ったおもちゃは、今でもモノのお気に入り。たまに、夜中一人で遊んでいるみたいよ~。

猫好きなので、捨て猫はホントに胸が痛む。みんながネコ好きって訳じゃないから、なおさらね。
でも、ネットでの里親探しは敷居が高い人(高齢者の人とか)でも、こういう場があると探しやすくていいよね。
* * * * * * * * * * * * *

●ウンパさん
そうなんですよ。
でも、外見を見て、しこりや関節の状態を確認するだけなんですけどね。
その時の獣医さんが、「僕もこの子は、いいなぁと思ってたんです!」と、言ってくださったので、ちょっと嬉しかったですー。

ウンパちゃんは、人気だったのですね~。やっぱり、あの腕の、螺旋模様が格好いいですもん。
確か ウンパちゃんが、ウンパさんたちを選んだんじゃなかったでしたっけ。
お見合いの時に、真っ先に寄ってくれたんじゃなかったでしたっけ。
きっと、ウンパちゃんとウンパさんもナニが繋がっていたのですね!
幸せモノ(笑)、モノがお爺ちゃんになっても、そう思ってもらえるように、頑張りま~す。
* * * * * * * * * * * * *
秘話
こんな秘話があったのですね。
モノくん幸せ者だ~。
でも、なんでこんなにかわいいモノくんなのに
候補者がいなかったんだろう~?
(モノくんにはラッキーでしたね。)
(余談ですが、先日サイパンで捕まった某有名人の
愛犬の名前はラッキーです。)
きっと他の方は見る目がなかったのでしょうね。
良かったね、モノくん!

私も1度くらいは猫ちゃんを選んでみたい
気がします。
だって、拾ってばっかりだから、柄は選べません。
そこに居たから、家に連れてきた…。
みたいな感じでね。
仔猫シーズンは下火になってきたみたいだから
ちょっとホッとしてます。
今年度はもう拾いませんように、猫神様よろしくお願いします。
あっ!ふ~は9月9日に拾ったんだ、まだまだ油断してはいけませんね。
道を歩くときは、前を向いてあるきましょう~!
あっ!ヨーダは車に乗っていて見つけたんだ。
って事はお家から出ちゃいけないって事かな?
気に入った子がいたら他に希望者がありませんようにって思うわよね。
だって、もし他にいたらくじとかになるんでしょう?
モノくんはやはりびびともさんちに来るべきして来た猫さんなんですね。
お返事です2。
びびともです。コメントありがとうございました!


●ぷくりんさん
どんなニャンコが超人気だったのか、見てみたかった気がします~。
同じケージにシャムMIXちゃんが何匹もいたので、その内の子だったのかしらん。
モノがケージから出ようとしている時に、そのオテテをちょいちょいしている人もいたので、抽選会の間は気が気じゃなかったです(笑)。

猫は、授かりものっぽいですからねぇ。
私も、今までは向こうからやって来てくれるばかりで、自分で選んだのは初めてなんですよー。
ずーっと「家で飼うならこんな子を…」と、オットと話していたんですよね。
なので、その通りの子と出会う事ができたのかもしれません。
ぷくりんさんは、きっと猫神様に、込まれているんですよ~。
お家に居ても、庭に紛れ込んできますよ(笑)。
私の初ニャンコは、実家の庭に紛れ込んできた子でした。
* * * * * * * * * * * * *

●きょっぴいさん
そうなんです。自分の名前を書いた紙を、箱に入れて1枚だけスタッフが選ぶという方法でした。
ので、いちおう第3候補くらいまで決めてはいたんですよ~。
でも、競合しなかったので、ホントにラッキーでした。
そういえば、去年はオットの引き運が、凄い強かったんです。
(「絶対 難しいけど、欲しい」と言うものが、手に入る年でした。)
オットのおかげかも!
* * * * * * * * * * * * *

とても心温まる出会いですね。
びびともさんご夫婦のモノくんに対する愛情が伝わってきます。
こういう会がもっとたくさん開かれるといいですよね。
みんな幸せになって欲しいですものね。
●ふうさん
そうなんですよね。
これは前向きないい活動だと思います。
管理センターの職員さんも、「育てられないなら、増やさないで。迷子になるから、外に出さないで。」のようなことを一生懸命話してらして、この人達に悲しい仕事をさせちゃ駄目だなあと思いました。

もう、モノは大きくなってこの時のキャリーに入れなくなったのですが、よく育ってくれたなぁと感慨深いです。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。